記事一覧

春の足音 ロンドンでたべれなかった季節の食事

帰任して3ヶ月が経過。最初の1ヶ月は完全なホームシック。ロンドンが恋しくって恋しくって。次の2ヶ月は仕事がらみのことでバタバタとして、いつのまにかロンドンの記憶が遠のき、そしてなんか長〜い夢を見ていたように思えるようになりました。今では、逆にロンドンに住んでいたこと自体が信じられないようなことに思えます。未だに、住んでいたフラットや庭や通勤路やよく通ったお店、そしてもちろん事務所や仲間のことは鮮明...

続きを読む

若いビジネスパーソンへ 出世の恩恵と落とし穴

さて、今の若い人たちは比較的昇進や昇給に対する意識が高くない、欲求が高くないと聞きます。事実、先進国を中心としたビジネスパーソンへのアンケートでも、日本の若者の昇給、昇格への意欲が他の先進国と比較して著しく低いという統計を先日目にしました。がしかし、実際問題給料が上がることは生活をする以上はとてもシリアスな問題だし、例えば入社同期の仲間の部下になるのはちょっと喜ばしいことではないのではと思います。...

続きを読む

知的作業と肉体的作業 バドミントンと英語

人間の能力って肉体的な能力と知的能力があると思うのですが、私は両方とも訓練すれば伸びるが、訓練をやめると落ちると感じています。例えば、私がこの1年はまっているバドミントン。やっぱり同じ内容を練習するのであれば、頻度が高い方が上達は早いと感じます。極端な話、週3回やるのと月3回とは比較になりませんよね。昔、ギターをやっていた時は、少なくとも毎日4−5時間は弾いていました。でないと落ちるんですね。英語...

続きを読む

転職というものの捉え方 日本とイギリス

Jakeです。さて、日本でも転職というものがごく普通に受け止められるようになってきましたが、でも未だに「あたり前」という域には至っていないような気がしますね。ところがイギリスでは、それは「当たり前」なのです。だいたい、人々は5年くらいの周期で転職をします。目的はキャリアをあげるためです。ようはポジションアップと収入のアップのためです。一つの会社にい続けても、事業拡大が順調でない限り、新たなポジションが...

続きを読む

帰任後約3ヶ月 さて英語はどうなったか?

Jakeです。ロンドンに住んでいた頃、だいたい3ヶ月に1回は日本に出張がありました。行くとだいたい10日くらい。だって、単身赴任だったので、やっぱり少しは家にいたいということもあり。で、その時は10日間日本にいただけで、戻ったら言葉が出なくなっていました。これ本当です。いわゆる咄嗟に出ないんですね。考えないと喋れなくなっちゃう感じです。今日、夕方からのバトミントンにカナダからの知人が2名参加。プレイの...

続きを読む

プロフィール

Jake

Author:Jake
愛しきロンドン生活2年弱を経て、現在東京在住のJake
そして運が良ければ海外にいる仲間の情報が観れるかも、、

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

プロフィール

Jake

Author:Jake
愛しきロンドン生活2年弱を経て、現在東京在住のJake
そして運が良ければ海外にいる仲間の情報が観れるかも、、